【モンパルナスタワー】210mの高層ビルからパリの夜景を堪能!料金や営業時間について。

パリでの宿泊地はモンパルナスでした。
モンパルナスタワーが目印になるので迷わなくてよかったです。

パリに到着した日はもう21時を過ぎており、もうどこも開いてなさそうだったので、
近くのモンパルナスタワーに上ってみました。

当時6月半ばあたりですが、夜のパリはまだ肌寒かった上に高層ビルとあってすごい風!!!
寒かったので展望デッキは急ぎ足の見学になりました。

写真少なめですが、レポートです!


モンパルナスタワーとは

モンパルナスタワー
パリ南部のモンパルナス地区にある高層オフィスビルで高さは210m、59階建てす。

日本でいうとあべのハルカスが300m、六本木ヒルズ森タワーが238.1mとかなので、
驚くほど高いということはないのですが、パリは景観保護の観点から高いビルは少ないです。
その為かなり目立ってました。

余談ですが、今ではシンボルのエッフェル塔ですら景観を損ねるということで、
建設に反対の意見もだいぶあったようです。

モンパルナス駅を降りてすぐ目の前にどーーーんと立っています。


料金

通常料金は下記です。+5€で48時間以内に2回訪問のデイ&ナイトチケットも売っています。
昼、夜どちらの景色も楽しみたい方にいいですね。オンラインチケット予約もあります。

大人 18€
学生 15€
子ども(4〜11歳)9,50€
障がい者 8,50€
4歳未満の子供 無料



私たちは夜来訪しました。18€なので2200円くらい。
少々お高く感じますが、あべのハルカス1,500円、
六本木ヒルズ1,800円(スカイデッキに入るには+500円)なので良しとしましょう!

チケットの印刷がかわいくてちょっとテンションあがりました( *´艸`)

チケット


営業時間

春夏と秋冬で営業時間が異なります。

4月~9月 9:30~23:30
10月~3月 9:30~22:30(金土は23時)


かなり遅くまでやっているので、その日に観光の締めに訪れることができます。

施設

来訪は22時頃でしたが、入場に並んだりはありませんでした。
チケット購入後手荷物検査があります。

その後エレベーターで展望フロアまで上がるのですが、
係の人がおらず何階を押したらいいのかわからない状態に、、、、

ボタンがたくさんあり悩みますが、「56階」が正解です。

展望フロアにはお土産屋さん、トイレ、カフェ、休憩スペースがありました。
展望フロアは一周できる構造ではないですが、360°パリの街を見渡すことができます。

エッフェル塔側は窓際混んでました。

しかしそれ以外の方角はゆったりとみることができました。
窓際にテーブルがあり、そこでお酒を楽しんでるカップルもいました。
デートに丁度よさそうな雰囲気です。

展望デッキは59階なので3階分階段で登りました。
展望デッキも広々していていい感じでした。

基本的にはガラス越しではあるのでが、要所要所に写真を撮れる用に隙間が空いているので、
ガラス越しでない写真を撮ることができます。
しかしながら寒かった!!夜行かれる方は上着が必要だと思います。


展望

モンパルナス 展望
360°展望でパリの街を見渡せるのがよいです。
ところどころに電子パネルが置いてあり昼夜の姿を比較したり
拡大したりした景色を見ることができます。

私たちも「ノートルダムどこかな~」といった感じで探して遊びました。
モンパルナスタワーの魅力は何と言っても、エッフェル塔の写る夜景が楽しめることじゃないでしょうか。
人気に展望スポットとしてエッフェル塔もありますが、エッフェル塔自体は見れなくなっちゃいますからね(笑)

エッフェル塔が324mで第2展望台が115.7m、第3展望台が276.1mなので、第3展望台よりは低いですが、
お値段と待ち時間や混雑を考えたら、モンパルナスタワーおすすめです(*^^*)


最後に

パリの街全体を見渡すことのできる場所は少ないので、
少々お高いですがモンパルナスタワーに上ってみて良かったです。

遅くまで営業しているので、お近くにお泊りの方は是非行ってみてください!  
スポンサードリンク