【ラタトゥイユ】南仏プロヴァンス地方、ニースの郷土料理

本日のテーマはラタトゥイユ


ラタトゥイユを求め、今日は南フランス、プロヴァンス地方ニースに空想旅に出ましょう!
はじまりはじまり~~

ニース

サンサンと降り注ぐ日差し、濃いブルーの空、エメラルドグリーンの海。
ラタトゥイユは南フランス、プロヴァンス地方、ニースの郷土料理です。

ニースってどんなところ?

南フランス、プロヴァンス地方の東部に位置する都市です。
パリに次ぐ観光都市でもあり、夏はバカンス、地中海に面した温暖な気候から、
冬でも観光客が訪れる人気の都市です。
イタリア近い為、食文化もイタリアの影響を多く受けています。
パリではソースやクリームを使った味付けが多いのに対して、
ニースではトマトベースの味付けが多いです。

ラタトゥイユって何?

ラタトゥイユのブルスケッタ
フランス語で、ラタにはごった煮、トゥイユかき混ぜるといった意味があります。
夏野菜(玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニ等)をにんにくとオリーブオイルで炒め、
トマトを加えて、香草(ローリエ、オレガノ、バジル、タイム等)とワインで煮て作ります。

見た目はイタリア料理のカポナータに似ています。


元々軍隊や刑務所で出される料理だった為、
かしこまった料理ではなく、家庭料理の色が濃いです。

ラタトゥイユを作ってみよう

1.ニースの家庭を想像してみましょう


青い空、美しい地中海、強い日差し、賑わう海岸にのどかな街並み。
市場には色鮮やかな野菜が並びます。トマトとパプリカを買いました。
庭の家庭菜園でとれた新鮮なズッキーニとなす。
ニンニクと玉ねぎは常備。

市場

さあ今日はラタトゥイユを作りましょう!

地中海で豊富に取れるオリーブから作られた、
美味しいオリーブオイルでニンニクを炒め、
いい匂いがし始めたら、野菜たちを次々に炒めます。

トマトをふんだんに使って、庭先に生えている香草と一緒に煮込み、
白ワインを加えてもう一煮込み。

ラタトゥイユで沢山の野菜を家族に食べてもらいましょう!


2.材料をそろえる

厳密にこれを入れてというのは無いです。
ラタトゥイユは家庭料理です。
その時家族に食べてもらいたい旬の夏野菜を入れればよいのです。
今回はこんな感じで用意しました。
香草も常備していたのはローリエだけでした・・・
材料
ナス 中 2本
ズッキーニ 1本
玉ねぎ 中 1個
パプリカ 黄色 1個
ピーマン 大 2個
ニンニク 2片

トマト缶 1缶
オリーブオイル
ローリエ
クレイジーソルト


3.材料を切って炒める

オリーブオイルでいい匂いがしてくるくらいまで、ニンニクを炒める。
1~2センチ角に切った野菜を、玉ねぎ→ピーマン類→ナス・ズッキーニ
次々に炒める。
炒める
トマト缶、ローリエを入れ適当に味付けをしたら、
蓋をして30分程度煮込む。
※鍋が焦げないように注意しながら
煮込む

4.ニースを感じながら食す!

味を調え、パセリを振って完成!フランスパンを添えてもGOOD♡
多めに作って、余ったラタトゥイユはチーズを乗せて焼いたり、
パスタのソースにしてもよいですね。
ラタトゥイユ
写真のフランスパンはこだわって、フランスの伝統製法でパンを作っている、
メゾンカイザーのフランスパンを用意しました。
ワインもフランスにして、ボルドーの赤を飲みました。
ラタトゥイユは、赤白ロゼどのワインも合う料理です。


終わりに

まだまだ改良の余地ありな感じでした。
ワインを入れてみたり、香草の種類を増やして再挑戦します!

ラタトゥイユを食べたら、何だか元気が出ましたよ!
旬の物を手軽に沢山食べられるので、夏バテ対策にもよさそうです。

是非ニースに行った時は、現地のトマトの味を確かめて、
本場のラタトゥイユを食べてみたいですね(^^♪

 
スポンサードリンク